« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

ラシーン

社用車を1台入れました。

ニッサンのラシーンです。

下取りで入ってきたので、社用車兼代車にしました。

錆びた個所と色が変色したところなどざっと直しました。

中古車なので、年式からしてもこっちのほうではまぁまぁ見やすくなったと思います。

P1000105_2

P1000106

平成8年式のグレードはタイプⅡです。

距離は96,000キロ弱。

ボクが日産に入った時にはもうラシーンは生産終了していました。

なので、あまり詳しくはありませんが、出始めはタイプⅠからⅢまでのグレードがあったそうです。

おおざっぱな違いで、タイプⅠをベースにⅡはルーフキャリアと背面タイヤ、Ⅲはさらにフォグランプ付きグリルガードが、ついているそうです。

まだまだ装備の違いはありますが、簡単に見分けられる違いです。

途中で追加グレードも出てましたが、今回のは出る前の車種ですね。





そして、この仕入れたラシーンはちょっと珍しいんです。

何がかと言うと・・・

ミッションが5速マニュアルなんですよ

大概オートマチック(以下AT)が多いんですが、これはマニュアル(以下MT)だったんですね。

P1000107

ちょっと、レアだなーと思いますが、オートマチックが主流の今では、再販が難しいかな?

と思ったのもあっての社用車なんですね

当時からATもMTあったんですが、やっぱり今でもそうですが、AT選ぶ人が多かったんですよ。

ただ、ATの人が言うには燃費は悪いと言う事ですね

MTは乗り手次第では燃費もよくなると思います。





とりあえず、あんまりMTも乗る機会がないので、社用車にしたし練習がてら乗ってみようと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミラココア

ダイハツから新型車が出ました。

その名も、ミラココア。

09081701





今年の3月で廃止になったミラジーノとムーブ・ラテの後継車にあたるとか。

車名は、ココアを飲んだ時の“ホッ”とする雰囲気、ココロ・気持ちが落ち着くクルマを表現と言う意味でミラココアと名付けられたそうです。

似たような形が多いジャンルですが、ヘッドランプの丸目とかなかなかいいデザインじゃないかと思います

女性層がメインターゲットなのかなって思える感じです。

画期的な装備では、国内初採用とされるバックモニター内臓ルームミラー

ナビまでいらないけど、バックモニターが欲しいと言う人には最適。

ココアプラスGに標準装備で、ココアXはメーカーオプションで装備可能。

ただ、画面が小さくて見にくいのが難点かも

ホントにアシスト程度に思ってる人には十分な装備ですね。


TVCMでは、ウエンツ瑛士さんと西山茉希さんが出演してます。

ミラココアのHPでもCMが見れるので、まだの方は一度見てみてください。

そんなダイハツ、ミラココアのHPはこちら。

http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_cocoa/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掃除でくたくた・・・

疲れました・・・

今日は1台仕入れた車がありまして。

車は、平成20年3月の日産のティーダラティオ。

距離は4,400kmとあまり乗ってなく、掃除も楽かなと思ったら・・・

なかなかの疲労感をいただきました

でも、掃除機かけて外観の汚れも洗って、すっかりキレイになりました

そして、また完成前後の写真を撮り忘れました

どうも6月末にケータイを取り替えたんですが、それの使い勝手が・・・

と、言い訳をしてみたりして


なにはともあれ、これにて清掃終了です

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日産EV発表

前々から言われていた、日産自動車の電気自動車(EV)が発表になりました。

その名も、「LEAF(リーフ)」

※下記写真と特徴は日産自動車のHPより抜粋

0908020201




このリーフの特徴として5つが挙げられている。

  • ゼロ・エミッションなパワートレインとプラットフォーム
  • お求めやすい価格
  • EVとしての独自デザイン
  • 日常の使用に十分な航続距離 - 160km(100マイル)
  • ITシステムによるアシスト(ゼロ・エミッションEV専用ITシステムを搭載)
  • ただ、発売は来年後半を予定し、価格も来年末に発表されるとの事。

    詳しくは日産のHPにも特設サイトがあります。

    http://www2.nissan-zeroemission.com/JP/index.html

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »